西浦アドベンチャークラブ(NAC)

野外活動部の中心的活動の'NAC'についてのページです。

NAC(ナック)とは?

龍谷大学付近の小学校4〜6年生の子ども達と野外活動部のメンバーで構成され、 1隊、2隊に分かれて毎月1回、休日に活動しています。 また8月には2泊3日の隊キャンプ、12月には1泊2日のクリスマスキャンプ、3月には普段別々に活動して いる各隊が年に1回だけ一緒に活動する合同NAC(2泊3日のキャンプ)もあります。 NACではサイドネームというものがつけられます。サイドネームとはあだ名のようなもので、親しみやすいように子どもと一緒に考えてつけてもらいます。

NACの目的とは?

NACは学年を超えた仲間と共に、野外を越えた非日常的な活動を行い、そのさまざまな経験を通じて子どもたちの自主性、協力、思いやりを育み、創造的で健全な心身の人格形成を目標としています。
この目標を効果的に達成するために活動を2つの隊に分かれて、
@規律を守ろう
A工夫しよう
B最後までやり遂げよう
というテーマを実行しようとしています。
さらに隊の中では、隊員全員が毎月参加することを前提条件として、4〜5人の4班に分かれています。
これは班員同士の相互理解により、自分を見つめなおすことによって、個人の成長を促すことを目的としています。
班活動については班に一人グループカウンセラーがつきます。この役職は直接子どもと行動して班員同士が交流を深める手助けをしています。

児童館とは?

野外活動部はうずら児童館、京都市住吉児童館の両児童館に後援となって頂いており、NACの事務局をうずらの里児童館に置かせて頂いております。
また、児童館運営に協力・参加することで地域社会に貢献することも、活動としております。